飛鳥市場ロゴ
現在 67 人閲覧中

TC1 - 戦闘バランス変更導入テストアップデート


2016/12/09 01:51 更新

出典: UO公式
http://uo.com/2016/12/08/combat-changes-update-on-tc1/

皆さんこんにちは。

米現地時間12月8日(木)現在のプレーヤーの皆さんからのフィードバックをもとに、TC1の戦闘に関する仕様をアップデートしました。現在、TC1にてお試しいただけます。これらの仕様が全シャードにすぐに導入されることはありません。また、これらは変更の可能性があります。関心のあるすべての方にフィードバックための十分な時間を設けたいと考えていますので、ぜひTC1でチェックしてみてください!
今回の変更点についてはこちらから。
http://uo.com/wiki/ultima-online-wiki/publish-notes/in-testing-combat-changes/

※ ノートの日本語訳は下記をご参照ください。
間違い、ご意見、ご要望等ございましたら遠慮なくお寄せください。
いつも広田 剣の活動を支えてくださる皆さまに、厚くお礼申し上げます。
(*)部分が今回追加部分です。

フィードバックをこちらから送るのをお忘れなく。
uo@broadsword.com

ブリタニアでお会いしましょう。

UOチーム

∞----------------------------------------∞

◎ ムービングショットのアップデート:
・マナコストを20から25に変更しました。
・命中率のペナルティを増加させました。
・ムービングショットによるダメージは、使用する矢筒の属性や騎士道のConsecrate Weaponなどに関わらず、すべて物理属性となります。

◎ スペシャルムーブ(SpM)アップデート:
・戦術スキル(Tactics)はスペシャルムーブを使用する際に必須ではなくなります。
・スペシャルムーブのマナ低減ボーナスの恩恵を受けるためには、戦術スキル(Tactics)は70以上必要です。

◎ 神秘スキルアップデート:
・ヘイルストーム(Hail Storm)のダメージ分散をチェインライトニング様にアップデートしました。
・スリープ(Sleep)が基礎効果時間2秒を採用していなかった問題を修正しました。
・スペルプレイグ(Spell Plague)が初動で魔法ダメージプロパティを反映しなかった問題を修正しました。(*)知性評価(EI)によって得られるボーナスダメージ、魔法ダメージプロパティによって得られるダメージを、スぺルプレイグによるダメージ計算から除外しました。
・スペルプレイグ(Spell Plague)が調整された魔法耐性を採用していなかった問題を修正しました。

(*)マスタリーのアップデート:
◎ Saving Throw は廃止、Warrior's Giftに置き換え
・槍術、棍術、剣術、投擲、弓術のマスタリーです。
・レベル1は命中+5を付与
・レベル2は命中+5と回避+5
・レベル3は命中+5、回避+5、ヒットポイント+15を付与します。
・クライアントのアップデートまで、アイコンは旧Saving Throwのものが表示されます。

◎ その他の変更:
・PvPの特化型キャラクターのスキルリストに錬金術を追加しました。
・(*)PvPの特化型キャラクターのスキルリストに受け流し(Parrying)を追加しました。
・マスタリーのSaving ThrowがPvMで動作しなかった問題を修正しました。
・マスタリーのSaving Throwを遠距離武器で使用時、スタミナコストを25から35に増加させました。
・魔法のカース(Curse)とネクロマンシーのコープスキン(Corpse Skin)による抵抗値調整が合算されることはなくなります。それぞれのスキルの最も大きな値が適用されます。
・ネクロマンサーがターゲットの抵抗値を下げるためにコープスキンを使用する際、フォーカススキルを導入する必要はなくなります。抵抗値調整は従来通り術者のリアルスキル値に依存します。
・(*)プレーヤーの現在有効なマスタリーは、マスタリーガンプを使用してオフにすることができます。これにより、マスタリー切替えによるクールダウンタイムが発生することはありません。

上記の内容は、広田 剣氏 がFacebookに公開したものを引用しています。

Facebookの内容が更新された場合、上記の内容も更新されますが、一定期間が経過すると当サイトでは閲覧できなくなります。その際は Facebook - 広田 剣氏 のページをご確認ください。

広田 剣氏が推奨しているリンク(または翻訳元):

※広田剣とは…
ウルティマオンラインの日本のイベントモデレーター(EM)の方々によって開設された、Facebookのアカウント名です。
広田剣という名前は架空のもので、運営会社であるBroadsword社をそのまま日本語でモジったものだと言われています。
米国uo.comのニュース記事を、日本EMの方々が和訳し、広田剣としてFacebook上に公開してくださっています。

Copyright(C) All SiteContents' rights Reserved by 飛鳥市場.