ゲーム定期メンテナンス
日本シャード
毎日 午前 7:00 [30分程度]
(2022年3月13日 ~ 11月6日)

日本シャード EMブログ更新情報

Asuka

ムーングロウより愛を込めて ~To Moonglow, with Love

引用元:別ウィンドウで開く https://uoemasuka.hatenablog.com/entry/2020/06/07/093347
2020.06.07

「今の私に何ができるっていうの? 人々の足手まといになるくらいなら、このままひっそりと朽ちてしまいたいわ。」

ユーの森の奥のログハウスは居心地よく整えられ、テーブルの上に置かれたティーカップから立ち上る白く、細い湯気と優雅な香りは、今この瞬間にもブリタニアの九街ではタイタンとぎりぎりの攻防が繰り広げられていることなど、微塵も感じさせないのであった。

イアナは友人を気遣うように、テーブル越しにそっとミルクのピッチャーを差し出すと言った。

「絞りたての山羊のミルクよ。お砂糖もたっぷり入れてお飲みなさいな。」

マライアはピッチャーに手を伸ばして言った。

「いやあねえ。すっかり引きこもりで太っちゃうわ。」

二人は目を合わせてしばし笑い合った。少しの沈黙の後、イアナは口を開いた。

「ムーングロウは学問と魔法を司る九街の中でも重要な街よ。救護隊として活動する、情報収集してタイタンの動きを探る、作戦を練る、アバタールコンパニオンとしてできることは実戦以外にもたくさんあるわ。」

マライアは目を伏せたままだった。イアナは続けた。

「それに、ペナンブラゆかりの地でもあるわ。彼女はいつか、アバタールが、アバタールコンパニオンが、彼女を必要とするだろうと予言して眠りについたのよ。それがどこになるかはわからないけれど、彼女を探すためにはムーングロウが重要な手掛かりになることは間違いないわ。」

イアナの言葉を反芻するように、小さく二、三度頷いた後、マライアは椅子から立ち上がった。

「デュプレはどうしているかしら?」

イアナは答えて言った。

「大丈夫よ。私たちがいるところに、彼は帰って来るわ。」

f:id:uoemasuka:20200607093210p:plain


゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚
日時:
6月13日(土)
20:30~ 飛鳥シャード
21:15~ 大和シャード
22:00~ 桜シャード

集合場所:
ブリテイン市民広場
⇒ 当日は各シャードのニュジェルムEMホールより現地まで送迎ゲートを設置します。

当日2回目以降に実施のシャードは開始時間が遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

◆ チャットチャンネル22nd Liveにお入りください。
◆ 戦闘準備の上、お越しください。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
  - イベント進行の妨害、かく乱行為。
  - EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

 

この記事は、イベントを企画している「イベントモデレーター」のブログのページを引用しています。

引用元のページは 別ウィンドウで開く こちら からご確認いただけます。

一覧に戻る
飛鳥市場がおすすめするスポンサーリンクはこちら
- 月々の料金を180日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- 月々の料金を90日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- 月々の料金を30日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- Amazon.co.jpが発送する商品は通常配送無料!www.amazon.co.jp

Copyright(C) All SiteContents' rights Reserved by 飛鳥市場.