ゲーム定期メンテナンス
日本シャード
毎日 午前 7:00 [30分程度]
(2024年3月10日 ~ 11月3日)

日本シャード EMブログ更新情報

Izumo

消えた化石

引用元:別ウィンドウで開く https://uoemizumo.hatenablog.com/entry/2023/05/13/002957
2023.05.13


その日サー・ジョフリーはイオドーンのSakkhra族の部族長の元に呼び出されていました。その傍らにはシャーマンの姿もありました。彼らは先日、村の西で起こった盗難事件についてジョフリーと話し合いをしたいとのことでした。

「我々がブリタニアからこの地を訪問するようになってから早数年経つが、そのようなことが起こるとはいささか信じられませんな」

ジョフリーは部族たちを刺激しないようにと少し驚いたような口調で言いました。

イオドーンが拓かれてから数多くのブリタニア人がこの地を訪れ部族の信頼を得るべく様々なクエストをこなしてきました。しかしまだ一部の盗賊や密猟者達の勝手な振る舞いのせいで部族の信用を完全に得ることができないまま現在に至っています。その事もあり事態を慎重に治めるべく3人はお互いの様子を見ながら会話を続けていました。

シャーマンは言いました。

「恐竜を崇拝している者であれば、絶対にこのような事をするはずがないのです。だからこれは部外者の仕業で間違いがないのです」

「いやしかし……証拠もないのに不用意な事は言えないが、他の部族の仕業という可能性はないのですか?」

部族長が質問に答えました。

「あなたがブラックソーンの王命にてイオドーンの5つの部族をひとつにするべく働いているように、我々は対ミュルミデックス軍としてそれぞれ協力する立場にある。その上で、他部族の者が協力者の信頼を裏切るようなことをするとは考えにくいのではないかな?」

「たしかに」

部族長は続けました。

「じつは事件の現場には、ミュルミデックスの塚が残されていたのです。もしもBarrab族の者が関わっているとするならば我々は同盟軍として事件の処理に当たるべきと考えます」

ジョフリーは少し考えこむと、二人にこう切り出した。

「私はこれからブラックソーン王に報告をしに行きます。その上で私はブリタニア人の無実を証明できるのであればこの事件の調査に協力を惜しまないことを約束しましょう」

「おお、では早急にブリタニアへ」

 

 

日時:
5月14日(日)
21:00~ 出雲シャード
22:00~ 桜シャード

集合場所:ブリテイン市民広場
※ニュジェルムEMホールに現地へのゲートを設置いたします。

※当日2回目以降に実施のシャードは開始時間が遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

◆ チャットチャンネルIzumo EM Eventにお入りください。
◆ 戦闘準備の上、お越しください。
◆ 伝説の刻の拡張を導入されていない方はイベントの一部を体験できません。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
- イベント進行の妨害、かく乱行為。
-EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!

 

この記事は、イベントを企画している「イベントモデレーター」のブログのページを引用しています。

引用元のページは 別ウィンドウで開く こちら からご確認いただけます。

一覧に戻る
飛鳥市場がおすすめするスポンサーリンクはこちら
- 月々の料金を90日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- 月々の料金を180日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- 月々の料金を30日分まとめて支払うクーポンwww.amazon.co.jp
- Amazon.co.jpが発送する商品は通常配送無料!www.amazon.co.jp

Copyright(C) All SiteContents' rights Reserved by 飛鳥市場.